痔の手術

痔の治療方法

あまり知られていませんが、痔になった場合の治療法は大きく分けて4つほどかあります。

  • 薬(塗り薬・座薬等)を使う
  • 注射で硬化させる
  • 患部を縛って萎縮させる
  • 外科手術

 

普通はまず、自分で市販の塗り薬などを試みます。
それでどうしようもなくなると病院に行くというのが一般的でしょう。

 

市販の薬で改善した場合はそれで良いでしょう。
問題はそれで改善しなかった場合です。

 

 

医師にもよりますが、病院にかかって薬での治療が難しいと判断されると普通は手術をすることになります。
これが実はすごく大変なのです。

 

痔の手術の真実

費用は3万円〜数十万円(健康保険使用時)かかり、場合によっては長期入院もありえます。

 

手術の後は痛みが待っています。
手術中は麻酔が効いているのでよいのですが、その後しばらくは以前よりも強い痛みに襲われます。

 

問題はそこからです。

 

痔は再発する病気なのです!
人によっては一生のうちに何度も痔の手術を繰り返し、付き合い続けていく人もいるのが現状です。

一度痔になったら一生怯え続けるしかないのか

『痔は一生もの』
これが一般的に言われていることです。

 

しかしそうではないということが多くの症例から発覚しています。

 

 

「どうして手術をしても再発するのか」
手術は悪くなったところにメスを入れて治す方法であって、痔になった原因には一切ノータッチなんですね。
再発して当然なのです。

 

痔の元を断てば再発しなくなるどころか、手術が必要だと診断された痔ですら改善することはよくあることなのです。

手術をせずに痔を改善する方法

  • 自律神経や骨盤神経を正常にし、
  • 外肛門括約筋を鍛え、
  • 血流を良くして冷えを取る
これでほとんどの場合改善します。

再発を防ぐという場合にも同じことが言えます。

 

詳しくはコチラのサイトがわかりやすく書かれていますので、一読していただければ理解できると思います。

 

→ 千里堂式 自宅でできる「痔」改善メソッド